フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« trattoria | トップページ | 師範日誌 23 [親睦会] »

クサナギ氏の謝罪

クサナギツヨシ氏が公然わいせつで逮捕後、謝罪会見を行ったらしい。

これは私の個人的な見解ということで記述するのだが・・・。

そもそも公然わいせつでの逮捕、家宅捜査というのは異例で、過剰な反応のような気がする。もちろん地デジを含め、いろいろな企業の顔として仕事をしていたわけだから、今回の愚行はそのまま笑いごとでは済まされないだろう。しかしこの事件が報道された瞬間に、彼への見方は少なからず変わり、社会的制裁も受けることになったのだ。

思えば私もお酒は好きなので、それこそ高校生の頃から(もう時効だろう)飲み明かしていたものだ。さすがに裸になるほど前後不覚に陥ったことはないが、電車で寝過ごすことはあった。どんな人でも失敗はあるものだ。

酒で人格が変わってしまう人は、それを自覚してセーブするしかないし、知っている仲間ならそこまで飲ませないのが思いやる気持ちである。

酔いがさめて、周囲から状況を聞いて、「なんてことをしてしまったんだ」という思いだと思う。彼にとっては大変なのはこれからだ。大いに反省しつつ、出直すくらいのつもりで頑張ってほしいと思う。

凶悪犯でもない限り、それを許す社会の目も必要だろう。もっとひどい愚行を涼しい顔でおこなう輩はいくらでもいる。許されないはずなのに野放しの人間はいくらでもいるのだ。

クサナギ氏が社会のために貢献した事実は今回のことで白紙にするべきではない、と私は思う。

« trattoria | トップページ | 師範日誌 23 [親睦会] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/44781279

この記事へのトラックバック一覧です: クサナギ氏の謝罪:

« trattoria | トップページ | 師範日誌 23 [親睦会] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ