フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 60 〔銀座〕 | トップページ | 師範日誌 19 〔稽古始・新年会〕 »

師範日誌 18 〔駅伝・・・若人たちへ〕

昨日の箱根駅伝、すばらしいレースだった。

東洋と早稲田の死闘、どの大学も20分以内にゴールする、などまれに見る戦いぶりだった。各選手が自分との戦いを制したと言ってもよいだろう。

来週は成人式である。

毎年、成人式で大荒れの連中が報道されるが、暴れる彼らは実は自分との戦いに負けている。精神の弱さを、暴れて目立つと言う行為で必死に隠しているのである。問題なのは当の彼ら自身がそのことに気がついていない、ということだ。どうしたら気がつくのか、を一応に論ずるのは非常に難しい。それぞれのバックボーン(現状や生まれ育った状況)が違うからだ。しかし、彼らとて、日本をこれから背負って立つ人間である以上、己の弱さに打ち克ち人生を突き進み、人びとに何かの形で貢献できるような人間になってほしい。

箱根駅伝の選手たちの熱い思いと、自分の弱さに打ち克とうとする魂の強さを、是非見習ってほしい。

勝ち負けではなく、大切なのはスピリットである。結果だけではなくそのプロセスが実は大切なのだ。

つらく厳しいことも、そして楽しいことも、その一瞬一瞬が自分の人生の肥やしになるのだということを、これから世に出んとする若人たちに感じ取ってほしい。昨日の駅伝の熱い映像を見ていて、私は感じた。

« 院長日誌 60 〔銀座〕 | トップページ | 師範日誌 19 〔稽古始・新年会〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 18 〔駅伝・・・若人たちへ〕:

« 院長日誌 60 〔銀座〕 | トップページ | 師範日誌 19 〔稽古始・新年会〕 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ