フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« ゆったりお風呂 | トップページ | 師範日誌 2 〔セガレ 17才へ〕 »

院長日誌 16 〔抱っこ紐? スリング?〕

以前から、抱っこ紐がいいのか? スリングがいいのか? と質問を受けることが多かったので、今回はこのお話。

私はどちらでもいいと思います。えっ??

そうなんです。好みの問題ですからどちらがダメということはないのです。

但し・・・

要は使い方・・が重要なのです。

両方の肩にストラップがくる抱っこ紐であれば、両肩で支えていますから安定するし身体が左右に傾くことも少ない。ただ、腰を反った状態で支えてしまえば腰への過負担は免れません。できるだけおへその下、おなかでも支える意識を忘れないことです。くれぐれも腰だけで抱かないこと。場合によっては腰よりも上の背中に疲労や痛みが強く出ることがあります。こういうときは、抱く高さ(ストラップの高さ)を数センチでも上下に変えてみましょう。背中のテンションがかかる位置が変わり、少し楽になることがあります。

次にスリングです。スリングは片方の肩に布がきますから、時々左右掛けかえる必要があります。肩に当たる部分は出来るだけ広げて。ある程度大きくなったお子さんを、左右どちらかの腰骨(骨盤の腸骨稜)で支えてしまっているお母さんがいますが、これでは骨盤のゆがみを生じます。新生児の場合は股関節をくるむようにしてしまうと股関節脱臼を起こすことがあります。股関節はフリーな状態にしておきましょう。スリングでの抱き方は多くのサイトで紹介していますので、そちらを参照してください。

いずれにせよ、正しい使い方と、ちょっとした調節、そして意識でお母さん自身の負担を減らすことが可能です。お母さんが一杯いっぱいになってつらくなってしまわないように、楽しく子育てできるように・・・私は願っています。

« ゆったりお風呂 | トップページ | 師範日誌 2 〔セガレ 17才へ〕 »

育児」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 16 〔抱っこ紐? スリング?〕:

« ゆったりお風呂 | トップページ | 師範日誌 2 〔セガレ 17才へ〕 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ